ヴァイタフレックス ~Vitaflex~

ヴァイタフレックス(足裏反射区療法)とは?

反射作用(リフレックス)による活力(ヴァイタリティ―)を意味します。
これは、精油を身体中に行き渡らせるのに極めて有効なテクニックです。

数千年前にチベットで生まれたこの方法は、西洋医学で鍼灸が注目されるようになる
ずっと以前、1960年にスタンリー・バローズによって完成されました。

この技術は、体内組織のすべてを刺激する反射点のネットワークに基づいています。

一般的なリフレクソロジーとは違い、徐々に力を加えたり抜いたりする動きを用いて、
足裏の脊柱の反射点を中心に直接精油を塗布し、軽い刺激を与えます。

エッセンシャルオイルをコンタクトポイントに施用すると、指先と反射点の接触によって
引き起こされた電気的刺激を通してエネルギーが放出されます。

この電荷は神経経路を通って、有害物質や組織の損傷、酸素不足などによって、
電気信号が伝達されなくなったり伝達しにくくなっている場所に達します。

指圧と同様に人には何百ものヴァイタフレックスの反射点があって、身体や心のあらゆる
領域をカバーし、種々の緊張やうっ血、バランスの崩れを解放します。


※ヤング・リヴィング社のセラピー等級の精油を使用します。

レインドロップニューロオリキュラゴールデンドロップのセッションの前に、これから背骨に精油を塗布するという事前準備として、また効果を上げるために足裏の脊柱の反射区に対して必ず行います。

レインドロップが受けられない場合、ヴァイタフレックスだけ行っても効果的です。